J-GENIC Blog
熊谷の美容室 J-GENIC のブログ

ノンジアミンについて

ノンジアミンについて

こんにちは!大谷です。
.
今日は、当店でヘアカラーによるジアミンアレルギーに対応したノンジアミンカラーを扱っているので紹介したいと思います。
カラー剤で何が違うの?と思われる方もいると思う為、簡単に説明させていただきます。
.
.
当店では2種類のノンジアミンカラーがあります。
1つ目は、髪を明るくすることができますが、白髪は染められないファッションカラーの
『CTFカラー』というカラーです。
こちらは、縮毛矯正同様の特許技術のカラー剤です。
2つ目は、ファッション程は明るくできないが、白髪も染まるし、
多少は明るくもなる『白髪染めノンジアミンカラートリートメント』いうカラーです。
.
これらのカラー剤のメリットは、ジアミンアレルギーはもちろん、
カラーした後に痒かったりかぶれてしまったり、フケが出てしまう、
今は大丈夫でもこれからなるかもしれなくて怖い・
髪をこれ以上傷ませたくないという方にはオススメです。
※ジアミン以外にも反応する人は、ノンジアミンカラーでも痒くなったり
なんらかの反応がでてしまう場合もあります。
.
.
デメリットも紹介します。
両方のカラー剤は酸性カラーのため、目に見えて色落ちします。
なので、施術後、何日かは色落ちしても大丈夫なタオルなどを使用していただく事をお勧めします。
また、2つ目の白髪染めカラートリートメントですが、
白髪を染めるのにはアルカリ剤を少し入れています。
ですが、ジアミンの入っているアルカリカラー剤よりは、染まりかたは変わります。
髪質によっては少し浮き気味になってしまう方もいらっしゃいます。
それでもかぶれ等無しでの白髪染めは出来なくはないですし、
ジアミンなしでの白髪染めカラー剤を扱っているお店は比較的少ないので、
当店のこのカラー剤で常連のお客様は満足して下さっています。
.
.
しかし、人それぞれ違いますので、ノンジアミンカラーなら痒くならないという保証はありません。
気になる方は、パッチテスト(無料)をして、後日というのも出来ます。
パッチテストはすぐ出来ますのでご相談下さい☆
.

ブログ画像

.
.
当店はカラー剤でも色々な種類があり、料金面も違いますので、
お客様ご自身の来店周期や髪の状態に合わせたモノを選ばれるといいと思います。
担当スタイリストは、お客様と一緒に考えて決めたいと思っています。
ご相談はご気軽にお話ください!
.
.

Author | jgenic@blog Comments | ノンジアミンについて はコメントを受け付けていません。 Date | 2020年4月26日

categories & tags

  • 最近の投稿

  • アーカイブ